女の人

はじめての着物|着付の仕方が分からなくてもすぐに着れる

着付けの仕方

和服

日本を語るうえで欠かせないものが着物です。しかし、最近では動きやすさや通気性のよさ、デザインなどで洋服を着ることが当たり前になってきています。せっかく日本に生まれたからには着物の着付けの仕方を知っておくべきです。着物を着る際に必要なものがいくつかあります。肌着といって着物を羽織る前に着るもので、下着のような役割があり汗を吸収してくれます。そして、コーリングベルトという紐で肌着がはだけてしまわないように留めます。その上から前板でしっかりと留めるのです。最近では和装ショーツや和装ブラジャーといった、着物を着る時に着用する下着も販売されています。これらを使うと着付けの手間が省けるので、はじめて着る人にはいいかもしれません。着物を整えると、帯締めで帯がずれないように固定します。足元は草履を履くと全体的に整いい、品格がでてきます。このような着物を着こなすためにはバッグやかんざしなどの小物も一緒に合わせてみると雰囲気が出て良くなります。服屋には一枚で簡単に着ることのできる着物も売っている場合があるので、着付けに自信のない方は探してみるといいでしょう。着物によっては自宅で洗うことのできるものもあり、クリーニング代がかからずいつでも着ることができます。お祭り以外のシーンでも着物を着ることによって、日本文化を肌で感じることができます。また、着付けを知っておくと、日本が好きな外国の友達にも教えてあげることができ、異文化交流を通じて日本をさらに好きになってもらえることでしょう。

夏祭りの主役になろう

お祭り

半纏は江戸時代からあり、羽織ものや仕事着など多く使われていました。夏祭りの主役ともいえる半纏は主催者からしか受け取ることができず、IDとしての役割もあるのでとても貴重なものなのです。

詳しくはコチラ

今風に着こなそう

青い半纏

歴史のある半纏を若い世代がいつでも着ることができるようにアレンジして販売しているお店がたくさんあります。季節に合わせて機能を選ぶことができるので、一年中着ることもできます。

詳しくはコチラ

時代背景を知ろう

色んな振袖

一口に振袖といっても種類はさまざまあり、場面で着るものが変わってきます。日本人として知っておくべきものなので、パーティーなどで着る機会があれば進んで選んでみるといいでしょう。

詳しくはコチラ